独島博物館の紹介 独島博物館の紹介

独島博物館は1995年光復50周年を迎え鬱陵郡が垈地を提供して,三星文化財団が建築した建物に李鍾學初代館長が30年余りの間国内外で収集して,國家に寄贈した資料を基にして,故洪淳七大将の遺品及び独島義勇守備隊同志会と青い独島守り会などの資料を添加して1997年8月8日大韓民國の唯一の領土博物館として開館されました。

三峰島を形象化した博物館建物は垈地8,068㎡(2,441坪),延べ面積1,600㎡(484坪)の地下1階と地上2階で,地上1階の3個展示室(第1・2常設展示室, 企画展示室),中央ホール,2階の1個展示室(第3常設展示室),自然生態映像室, 獨島展望ロビなどで成り立っている。 一方, 1998年8月8日‘博物館開館 開館1周年’及び‘李舜臣将軍殉国400周年’を記念して除幕された '独島博物館表石'を始まりに野外展示場である >野外独島博物苑< が造成されて今まで拡充されています。

独島は西紀512年(新羅智證王13年)以来鬱陵島とともに于山国の領土として大韓民國の歴史と文化圏に編入された後 今まで綿綿としてつながって来た大韓民國の固有領土です。 過去の独島は海中の小さな徇れ島で大きく注目されることができなかったが,海洋に対する依存度が徐徐に高くなっている今日には政治・経済・軍事・学術など多方面で非常に重要な位置を占めるようになりました。このような理由で現在日本とその領有権を置いて民族の自尊心がかかった先鋭な葛藤がもたらしています。

独島博物館は独島及び朝鮮海(東海)をめぐる関連資料を発掘・収集・研究して,その結果を基で展示・管理・教育・広報することで,日本の独島領有権主張を駁することができる資料と理論の土台を構築する同時に国民の領土意識と民族意識を鼓吹させるのに建立目的を置いています。